コールセンターの前身業務|ウェブ接客という手法|効率的に運営できる

ウェブ接客という手法|効率的に運営できる

婦人

コールセンターの前身業務

オペレーター

昔ながらの業務は健在

電話代行サービスは各社展開するサービスです。電話番や秘書などの人件費コストを抑える方法としては最適な方法となります。24時間体制で電話を受け付けることができるメリットも持っています。電話代行サービスは会社によってサービス内容が大きく異なります。そのためどの会社を選ぶのかがポイントになります。契約の内容からすると電話1本あたりいくらとなるパーコール契約や、時間分で契約する内容など様々です。電話の総合本数によりますが、1本の電話で確実に売り上げに結びつくものが多いのであれば、パーコール契約のほうがトータルコストを安く抑えることができる場合もあります。そのためどのような入電が多いのかを分析したうえで契約を結ぶことが大事です。

売上とコストを対比させる

更に受付に関する内容もあります。あくまでも折り返しを提示するものもあれば、一般的な質問内容に応えるものもあります。もちろん後者の方が料金は高めになるのですが、折返しの電話本数を減らすことができるメリットもあるため、どの契約にするのか決めることも大事になってきます。受注をメインとする電話であれば、料金はさらに高くなります。受注契約をするためのノウハウの料金が含まれるからです。特に獲得系の内容であれば、営業内容を含むものになりますので、さらに料金は高くなる傾向があります。しかし売り上げをカバーできるため、コストと売り上げを対比させて電話代行サービスの内容を検討することが大事になります。電話代行はコールセンターの前身ですが、今でも健在のビジネスなのです。