営業支援ツールで問題解決|ウェブ接客という手法|効率的に運営できる

ウェブ接客という手法|効率的に運営できる

婦人

営業支援ツールで問題解決

会社

ルート営業を効率化

小売店や事業所など他の企業を顧客とするBtoB型の企業にとって、定期的に顧客を巡回するルート営業は極めて重要です。ラウンダーと呼ばれるルート営業担当者による営業活動の成否で売上が大きく左右され、その成果が企業の業績に直結してくるのです。企業の命運を握ると言っても過言でないルート営業の成果は、従来であれば担当するラウンダー個人の力量に委ねられていました。経験が豊富で高度な営業ノウハウを持つ社員は、定期巡回の営業活動でも常に安定した成績を残しています。一方では経験が浅く営業力の低い社員もいますが、そのようなラウンダーでもできるだけ多く営業経験を積ませることが必要です。社員個人の経験や勘に頼っていたルート営業も、IT技術を取り入れた営業支援ツールを導入することで最適化できます。メーカーや製品によって違いはありますが、営業支援ツールにはスケジュール管理や営業日報作成・顧客管理などの機能があります。ルート営業に関わる情報を一元管理することにより、効率的な営業活動が可能になってくるのです。スマートフォンなどを使って移動時間中にも日報作成などができることから、営業支援ツールの人気が高まっています。

営業ノウハウ向上にも寄与

営業支援ツールをうまく活用すれば、ルート営業に従事する社員の営業ノウハウも向上が期待できます。経営者や管理職の人間にとっても、こうしたツールによってラウンダーの営業活動が可視化される点にはメリットがあるのです。なかなか成果が上がらない方面に対しては、ツールの分析機能を利用して問題点を見つけることができます。営業支援ツールを通じてラウンダー間の営業ノウハウが共有が可能になると、社内全体で営業スキルが向上します。従来は一部の優秀な社員だけが独占していた高度な営業ノウハウが社内に公開され、それがラウンダー個々の営業成績にも反映されて成約率が高まるのです。ラウンダーの営業成績が向上すれば、当然のことながら会社全体の利益にもつながります。一般消費者ではなく企業相手の営業活動に頼らざるを得ない会社では、販路を拡大するにもラウンダーのルート営業が大きな鍵を握っているのです。同じ顧客の間を巡回営業する中で問題点を解決していくには、ラウンダー個人の力量に頼る方法では限界があります。ラウンダー業務を最適化する営業支援ツールの導入によって、経営者の意向を営業の現場に反映させることが可能になるのです。