ウェブ接客という手法|効率的に運営できる

男女

高価な業務備品

オフィス

PBXはコールセンターの生命線です。業務場所に必ず一台設置する必要がありますが、比較対象としてクラウド型を導入する企業が増加しています。設定変更に時間はかかりますが、安心と信頼をもって業務を行う事ができるメリットがあります。

もっと読む

営業支援ツールで問題解決

会社

小売店や事業所などを顧客に持つ企業では、ルート営業に従事するラウンダーの営業活動が業績を大きく左右します。ラウンダー業務をIT技術で管理する営業支援ツールは営業活動の効率化ばかりでなく、営業ノウハウの向上にもつながります。販路拡大と企業業績アップには、ラウンダーの営業スキル向上が欠かせないのです。

もっと読む

待つ時代から誘導の時代に

男の人

高齢者のお買い物支援に

インターネットが中心にある現代の社会において、ECサイトが生み出す利益は実店舗を凌駕するものとなってきています。そのため、インターネットサービスへコストを傾けるように、事業の方向転換が活発化しているのです。しかし、すでに同業者間の競争は激しく、ウェブ接客という新たなスタイルが注目されつつあります。さらに注目してきたいポイントが国内の高齢化で、今後は高齢者層を顧客として取り込むことが先決となるでしょう。年齢が高くなると分かりやすさ・慣れを選ぶ傾向があるため、ウェブ接客による購入までの誘導はまさに最適です。同業他社の製品と比較された際にも大きなポイントとなりますので、ウェブ接客は導入する価値が非常に高いといえます。

販売促進に有効

ECサイトと実店舗を比較してみた場合、前者は無人販売店のようなスタイルです。商品を並べて説明書きと値段を表示し、購入をするか否かは100%顧客の意思に委ねられます。つまり、目的をもって訪問する人が多数となり、衝動買いのようなイレギュラーなチャンスは少ないといえるのです。この流れを変えるのがウェブ接客のサービスで、支援ツールならではのデータを駆使したシステムとなっています。ウェブ接客ツールに含まれる支援の種類は、メッセージを表示したりスタッフがチャット対応するタイプなどさまざまです。メッセージのタイプは閲覧履歴や年齢・性別などのデータにアクセスして、訪問者に合わせて内容が変化します。チャットタイプは主に自社スタッフが対応し、タイムリーな情報の提供が可能です。

コールセンターの前身業務

オペレーター

電話代行サービスは、コールセンターの前身業務として数十年前から展開されている商品となります。しかし今では、その内容も折返し受付のみならず、獲得業務や受注業務、案内業務など多様な内容になっています。売上とコストを対比させることが大事です。

もっと読む